ストレスを削減できる方法

この記事をシェアする

食事や歯磨きの時間

1日に20時間ほどマウスピースを装着していれば、矯正の効果を発揮できます。
ですから少しの時間だったら、外しても構いません。
食事中や歯を磨く時、また友人と会う時などはマウスピースを外してください。
こまめに取り外せるので、ストレスを感じにくい面がマウスピース治療のメリットです。

特に歯を磨く時にマウスピースを付けたままでは、磨きにくいでしょう。
奥歯や歯の裏側まで磨けず、汚れが溜まってしまいます。
するとバイ菌が繁殖して、虫歯や歯周病を引き起こすので注意してください。
矯正中でも、口内環境を綺麗にすることを意識しましょう。
ただ外す時間が長くなりすぎないように、用が済んだらすばやくマウスピースを装着してください。

丁寧にマウスピースを扱う

取り外す時や装着する際は、力任せにしないでください。
強い力を入れて無理やり付けたり外したりすると、マウスピースに負担を与え壊れる危険性があります。
マウスピースはその人の歯並びの形に合わせて作っているので、すぐに代わりを用意することはできません。
作るのに時間が掛かるものですし、料金が発生します。

マウスピースを壊して何回も作り直してもらう場合は、無駄な出費が発生すると忘れないでください。
正しい外し方と装着方法を医師に聞いて、何度か練習するのがおすすめです。
コツを掴めば力を入れなくてもスムーズに取り外して、再び装着できるようになります。
マウスピースの扱い方に気を付けて、歯並びの矯正を進めていきましょう。